ふくよか、ぽっちゃり、デブという事実について


こんにちは、こんばんは、きなこもちです。

 

今回はデブについて記事を

書いていこうと思いますが

みなさんはデブという言葉を聞くと

どう思いますか?ひどい言い方ですよね。

 

ウィキペディアで調べてみると

デブとは日本語で肥満体型

またはそのような体型の人間を指す

俗語という。と書かれています。

この言葉の意味からも分かるように

印象が残念だったり、厚苦しかったりと

マイナスイメージが強いですよね。

 

たまに太っている人は

包容力もあって好きだという

いわゆるデブ専と言われる方も

いらっしゃると思われますが

そういった考えを持つことは

ごく稀かもしれません。


かつて私自身も肥満体型だったので

デブの日常を過ごしてました。


今回はふくよかだった頃の気持ちを思い出し

ぽっちゃりのメリット・デメリットを

紹介していきたいと思います。

 

メリット

 

①初対面で話しかけやすい

 

まず、初対面での第一印象についてですが

ふくよかな方が優しい感じがします。

身体が大きくふわふわしていて

丸みがあるので性格もそれと同じで

器の大きい優しい人という風に見えるんです。よってどんな人からも

気軽に声をかけてもらいやすいです。

初めて会う人に親しみを持って貰えるのは

交友関係が広がる

チャンスになっていいですよね。

たまにめちゃくちゃ見下してくるような

失礼な人もいますが会話の切り口として

ネタには困りませんでした。

 

 

②いいものをいっぱい食べてる

お金持ち?裕福?

 

こちらはとっても単純!

食べ物を沢山買えるという事は

お金を持っているんじゃないか?と

人に思わせることが出来ます。

私の場合、実際には食に対してのみお

金をかけ他の所で節約していましたが

お金持ちで太っている

なんて人は結構多いです。

 

 

 

③事故に遭っても脂肪が守ってくれて助かる

 

これは私自身も経験したことがあります。

自転車に乗って爆走していたとき

車と接触して身体が跳ね飛ばされました。

普通の人なら大怪我は免れないような

結構、派手な事故だったんです。

ところが、身体を調べてもほんとうに

かすり傷ぐらいで

大きな怪我もなく助かりました。

その時、私は身体に

脂肪がついていて良かったーっ!

と心から思いました。

普段は絶対に思わない

肉に守られている感じがしてその時だけは

この体型にありがとう!!と思ったんです。

偶々、運が良かっただけかも知れないですね。

 

 

④美味しいものがあるお店を知ってそう

 

これも、きっと

あるあるじゃないかなあと思います。

ご飯系の話になると、良いお店知ってる?!

と話を振られます、結構高い確率で。

見た目で判断しないでほしいのですが

大抵聞かれます。かなりポジティブに

考えたら、話の輪に入れて

良いかも知れませんが

なんだか無性に悲しくなってきます。

これは、メリットなんでしょうか!?笑

 

 

⑤食べ放題で元が取れる

 

いよいよ、デブの本領発揮ですね。

痩せている人より、いっぱい食べられます。

焼肉なんかは、全種類食べる勢いです

1人無双状態です。

俺のターン!!

普通の人がお腹いっぱいになれる量と

太っている人のお腹いっぱいの量は

明らかに違いますから。

胃の容量が違うので

本当に楽しく、明るく、元気に

もりもり食べられて最高です!

好きなだけ食べてもお値段は一緒なんですから

やっぱり、この時だけはかなり得した!

という気分です。

 

 


デメリット

 


①自分に甘くて自制心がきかない

 

だらしないというレッテルを貼られる

これはネガティブイメージですね。

やはり、自分の食欲を制御できない

自分を律することが出来ないのを

視覚的に伝えてしまっている状態ですから

自分に甘いという印象を持たれてしまうのも

しょうがないことなのかなと思います。

実際、食欲は

コントロール出来るようにならないと

凄く辛いです。

 


②着たい服が着られない

 

最近の人は、スリムで手足も長い人が多いので

とにかくサイズが小さいです。

この服、可愛い!

と思ってもサイズ展開はS~Lぐらいまでで

それ以降は無い事が多いので

泣く泣く諦めて大きいサイズで

似たようなデザインのものを

探すしかありません。

女性にとっては

着たい服を着られないのは

かなりのストレスです。

 


③食べる量が多くて食費がかかる

 

こちらはメリットの時に軽く触れましたが

普通体型の人と比べて、食べる量が

とにかく多いです。

そのせいで下手をすると

2倍の食費がかかるなんてこともあり得ます。その他のものにかけられるお金が

大幅に減ってしまいます。

それで良いというなら

話は別ですが、人生の選択肢が

減ってしまう気がするので

かなり勿体ないです。

 


④身体が重くて

運動全般出来ないすぐバテる 

 

普通体型の人に比べてとにかく

身体が重たく感じます。

階段を上るともう息が出来ないぐらい

苦しくなります。

走ってみようものなら、すぐに息切れです。

そして、膝にかかる負担が凄いです。

長時間動きまわると身体のいたる所に

支障が出てきます。こうなってしまうと

外に出る事さえ嫌になるので

まさに悪循環ですね。

 


⑤不健康なので

たくさんの病気のリスクが出てくる

 

④に繋がることですが、外に出て

運動するのが嫌になってくると

出不精になって引きこもりがちになります。

その分暇を持て余すので、当然食べることに

時間を費やすことが多くなります。

私も休日など家にいるときは

気付けばお菓子を無意識のうちに

食べているなんて事がよくありましたから

これはもう、デブまっしぐらですね。

こんな日々を繰り返して太っていくと

生活に支障が出てくる訳です。

当然、病気のリスクも高くなりますよね。

健康に暮らせないとなると恐怖しかないです。

 

 

以上、独断と偏見でメリット・デメリットを

並べてみました。

健康で楽しく毎日を過ごすためには

やはり太り過ぎないように

生活を改めていく必要がありますね。

病気になってしまうリスクを避ける為にも

バランスの良い食事を心がけて

過ごしていきたいですね。