肌荒れ、ニキビ

 

こんにちは、こんばんは、きなこもちです。


10代そこそこならまだしも

20代になってからも

ずっと悩んできました・・ニキビ!

もうかれこれ10年以上

お付き合いをしている状態が続いています。

肌全体に出来やすい、かなりの敏感肌ですが

特に顎周りに出来るのが癖になっていて

繰り返しできる。ニキビが活発な時は

ヒリヒリして痛痒いし

治ったら治ったで、跡の赤みは消えない。


苦痛すぎて・・無意識に顔を隠しながら

話すようになって、本当にストレスで

人に見られるのが怖かったです。


恥ずかしがり屋さんか!て位に

汚肌を見られるのが嫌でした。

挙動不審…


そこまで追い詰められていた私ですが

これでも今まで色々と

肌に良いと言われることを実践してきました。

(無駄な努力とか言わないで、泣くよ?)


お金も結構使いましたし

素人なりにある程度の勉強も

してきたつもりです。

で、成果がようやく・・ようやく

実ってきていて、徐々にですが

治ってきているかなと感じています。

 

未だ完全完治!にはなっていないので

残念なのですが・・5年前とかに比べたら

いい感じに改善しているんではなかろうか!


ということで今回は

「肌トラブルの1つである大人ニキビ」の

そもそもの原因や対策について

詳しく書いてみたいと思います。
 

そもそもニキビって何?

 
毛穴に皮脂が詰まり

アクネ桿菌(かんきん)という細菌が

増殖し炎症を起こしてしまう病気。正式には

尋常性挫創(じんじょうせいざそう)という。


ニキビと軽く言いますが

しっかり名前のついた皮膚の病気という

位置付けをされていることに

まず驚きませんか?

誰も病気だなんて、大袈裟には

考えた事ないんじゃないでしょうか。

 

なんか、虫さされと同じ扱いな気がします。

自然に治るから、まあ、いっか。みたいな。

でも、そうやって適当になってしまうのは

 

ダメ、絶対!

 


そもそもニキビができる原因は?

 

大人ニキビができるのは

ホルモンバランスが主な原因。

 

①ストレス

②睡眠不足

③生活習慣の乱れ

④(生理前などの)体調性周期

 

また、上記の内的要因のほか

乾燥、紫外線などの外的要因によって

角層のターンオーバーが乱れ

角層剥離が促進されると肌のバリア機能が

低下して、ニキビができやすい環境を

つくってしまいます。

 

大人になっても体質的に

皮脂の分泌量が多いタイプの人(脂性肌)は

過剰に分泌された皮脂が毛穴に詰まり

ニキビを引き起こします。

 

乾燥肌の場合は、肌のバリア機能の低下や

角質が剥がれて毛穴に詰まる

といったことが原因で

ニキビができやすくなります。

 

甘いものや、揚げ物を食べ過ぎるとだめ!

とよく聞きますが、それは医学的に

意外なことにあまり根拠がないらしいです…

 

さらにメイク、特にファンデーションを

つける事によってニキビが出来やすい

とも言われているようですが

これもそういう事じゃないんですって。

洗顔で汚れが落とせないことが

肌に悪い…だと…

自分のケアの仕方だよ…悪いのは…

という感じらしいです。

 

 

ニキビを治す、防ぐ対策は?

 

ではでは、1番気になる

ニキビが出来ない方法とは

一体何なのでしょうか?

 

それは小さなコメドを見逃さないように

すること。はい、出た!専門用語。

コメドというのは毛穴が詰まって

表面がほんの少しボツボツしてきた段階の

ニキビの卵のことです。

 

 

日々の洗顔などで自然に消えていくことも

あるようですが適切なケアが必要。

小さなコメドができやすいのは

皮脂分泌の多いTゾーンやあご

特に毛穴が小さい額やあごが

ザラついてきたなと感じた段階で

ケアすれば、ニキビに成長するのを

止められる可能性が高いです。

 

効果的なのは、ニキビ予防用の美容液。

サチリル酸

トラネキサム酸を配合したもの。

 

乾燥が大敵なのでしっかりと

保湿するのが一番大切!

泡で優しく洗顔したあとは

化粧水を付けるだけではなくて

油分を含む乳液やクリーム、オイルなどで

水分の蒸発を防ぐようにふたをすれば尚良し!

 

 他にも色々と対策はあります。


・顔に触れない
そもそも手は雑菌だらけで汚すぎるし

触ることによって刺激となり炎症になるので

注意すること
 
・お風呂
皮膚は1枚で繋がっているので

頭皮もしっかりと洗っておかないと

汚いよって事です。清潔にしましょう。
ちなみに本当は湯船に浸かることがいいみたい

 
・1日最低でも1.5Lの常温の水を飲むこと
 お茶じゃなくて水ですよ

 

・枕カバー、タオルは毎日交換
は?枕カバーは無理やろ、ハードル高いわ…

ってなった方はタオル交換だけでもOK
 

・腸内環境を整える
酸化、糖化を抑えるため、酢を飲むといい
砂糖を多くいれないよう

はちみつなどを代わりに使って。
食物繊維も身体に良いため

十穀米や玄米を意識して摂る
 
 
こんな感じの小さな努力を

日々積み重ねていくことが

必要になってきます。
 
 
それでもちょっとやそっとでは

治る訳でもないですから

これが正解なのかよく分からない。
 


しかも急に健康志向になってるし

意識高い系女子みたいでめんどくせぇ…
 
 
もうダメだ。と思ったら

ぜったいに自己判断はせずに
皮膚科の先生に

治療のしかたを相談するのが

1番の近道だと思いました。
 
どんなにニキビに効く

口コミの評価が高い基礎化粧品を

何万円も出して買っても所詮は医学部外品。


本当の薬に勝てる訳が無いことが

身に染みて分かったので
まじで無駄なお金を使わなくていいように

先生に相談しなさいってことですね。
 

 
 
 
 
 
 

 

 

 

 

綺麗好き、気になりすぎたら

 

こんにちは、こんばんは、きなこもちです。

 

今回の話はずばり「綺麗好き」

と言うこだわりについてです。

 


昔からずっと

自分なりのきれいの基準

というものがありました。

昔に比べるとまだ緩くなったなと

感じてはいますが、やはりここだけは

許せない!という事もまだあります。

 


人によってそれぞれ

程度の差はあると思うのですが

周りの人にそれを見せたら

 


面倒くさがられるだろうな

 


とか

 


嫌われるかな

 


あーでもやっぱり気になって仕方がない

 


という問答をずーっと胸に秘めたまま

今まで生きてきました。

何だかとっても息苦しい。

 


こうゆう事を常々感じていたので

ここで披露して、こんな人も居るんだと

知って貰いたいと思ったんです。

 


こんな細かい所まで気にするなんて

神経質だなー生き辛そう…と

思う方も居るでしょうが

誰か1人でも受け止めてくれる人が

いる事を願って…

 

①手を洗う回数

 

手を洗う場面は大体

・外出して、家に帰ってきたら

・トイレに行ったあと

・手が汚れたと感じた時

 

こんな感じなのでしょうか?人によって

1日に何回洗うかはかなり違うのでしょう。


ただ私の場合、その頻度が恐らく

人より多い気がします。

普通の人があまり気にしないような

汚れにかなり敏感で、ちょっとでも

ベタベタするなと思ったら

もう気になって気になって。

雑菌だらけの手で物に触れることが

嫌なのでまめに手を洗います。

 

洗面所がない可能性があるので

除菌シートもしっかり準備しています。

 

あとは、すぐに手が荒れてしまうのが

かなり気になるので

ハンドクリームは手放せません。

それでもガサガサになるので

そこが問題かなと思います。

 

②電車

 

電車の手すり吊革はもはや恐怖。

 

誰の手に触れたかも分からないところを

掴む位なら、コケた方がマシと思っています。

 

それか、ティッシュを1枚かますか…

でも人前でやるのは抵抗があるので

した事はありません。

足で力の限り踏ん張ります。

 

掴まないでいい方法があれば

教えて貰いたいです!

 

③スナック菓子の食べ方

 

最近は、増えているらしいですが

袋菓子をお箸で食べるのは

最早、私の中では当たり前の習慣に

なってきています。

手に付くとスマホに触れないので不便

というのが1番の理由です。

 

④料理をする

 

手を使った料理に抵抗があって

おにぎり

ハンバーグ

この2つはもう、拒否反応が凄い。

手を洗っていたとしても

食べられないと思います。

何回も何回も触りまくるので

考えただけでも冷や汗が…

直に触れるのではなく

サランラップ、手袋などのツールを

かませてくれないと

どんな人が作っても、食べたくないですね。

目の前で手を洗ったとしても

遠慮したいです。

 

そんな風に小さいことを気にしている

自分って本当に神経質なんだなと

改めて感じますが。

 

何か1つでも自分にも当てはまる!

ということはあったでしょうか?

 

気になる例を4つ挙げましたが

掘り下げていくとまだまだ何かありそうです。

 

あんまり、細かい事を言って

引かれると、悲しいので

この位の感じで留めておきます。

 

 

 

 

 

 

ダイエット、気長に続けて痩せたい

こんにちは、こんばんは、きなこもちです。

 

今回は沢山あるダイエットの種類の中から

簡単に実践できて効果がありそうなものを

いくつか紹介します。

やっぱり、体型を気にしてやりたいことが

制限されたりするのは嫌と思う人も

居てるはず…!

 

そこで毎日続けることが苦痛にならず

着実に痩せられるような方法を

出来るだけ厳選して、考えてみました。

 

①食べる順番

 

ネットで調べてみました。

かなりシンプルで順番を気にしつつ

いつものように食べるだけ!


1汁物から食べる

味噌汁など水分でお腹を膨らます

 

2食物繊維を食べる

野菜、果物などで血糖値

脂肪の上昇を抑えてくれます

 

3タンパク質を食べる

肉や魚など、メインディッシュを

 

4炭水化物を食べる

ご飯や麺を最後にして食べ過ぎを抑えます

 


と書かれていました。

いきなりご飯や麺を食べると

ついつい食べすぎてしまって

いつもより量が多くなってしまった…

なんて事になりかねないので

この方法は手軽に試せますよね。

ただ、肉や魚を先に食べてしまったら

ご飯は何と食べればいいのか。

私が実際にやっていたのは

初めにサラダを食べてそこからは

自由に食べていくというスタイルです。

これなら、ご飯とメインも

バランス良く食べられて

何より、ストレスが少ない!と思います。

気長に効果を待てる人には

こっちの方が楽な気がします…

 

②スムージー

 

最近ではすっかり定着した

ダイエット法ですね。

定番のグリーンスムージーとは

生の葉野菜と果物と水を

ミキサーで混ぜた飲み物で

野菜などから栄養を摂るために

考えられたと記載されています。

牛乳や豆乳をいれたものは

スムージーとは言わないとのこと。

レシピは、色々とありますが

私が試したのは

小松菜、りんご、バナナ、水の

たった4つの材料。

果物の量を多めに入れて飲みやすいように

かなり甘めに作っていました。

 

どうやら美味しい黄金比というのは

1、葉野菜1種類
2、酸味の果物(おもに柑橘系)
3、甘みのくだもの
(ねっとりさせたい時はバナナ

さっぱり仕上げたい場合はりんご など)

葉野菜を6、果物を4の割合にすると

飲みやすいそうです。

 

毎朝、ご飯の代わりに

飲むだけで良いんですから

とっても楽でいい!と思います。

ただ、毎日野菜を用意しないと

いけないので、大変だなと感じることも

あるかもしれないですね。

 

③プチ断食 

 

プチ断食とは、短期間の間

食べ物を控えることによって

内臓を休ませて胃腸のリセットを行い

美容効果と健康を促すというものだそうです。

私がやったのは、予定の入っていない

ゆっくり過ごせる休日に

1日水だけで過ごすというものです。

休みの前日の夜ご飯は

いつもより少なめの量にして体調を整えます。

寝ているときは

カロリーをあまり消費しないので

まあ大丈夫かなあと思います。

 

④足指ダイエット

 

一時期話題になった

大山式足指ダイエットです。

毎日つけるだけで

じわじわ効いてくるというのが

コンセプトの商品です。

ほんとに簡単!今日からでも試せます!

足の親指と薬指にはめて、1日過ごします。

歩き方を強制的に綺麗にしてくれるのと

姿勢も改善されるので

素晴らしいと思います。


値段もお手頃で始めやすい!


私も付けて1年経ちますが

明らかに脚が細くなっている気がします。

元々、かなりの扁平足で

土踏まずというのが無く

かなり変な足の形をしているのと

歩き方はガニ股っぽくなってしまい

ふくらはぎがやたら張っていて

目も当てられないという感じでした。

ただ、これを付けてから

目に見えて改善していっています。

もう少し続けてみて

どれ程変わるかもう少し

やってみようと思います。

 

 


身体的、精神的に無理のないダイエットで

綺麗になれる方法を考えてみました。

きついダイエットは、ストレスが溜まったり

何より続かないので3日坊主に終わったりと

残念な結果になってしまう

危険が高いですよね。

 


ゆるーく続けて

確実に効果を実感できると

本当に嬉しいので

是非参考にして貰えたらいいなと思います。

ふくよか、ぽっちゃり、デブという事実について


こんにちは、こんばんは、きなこもちです。

 

今回はデブについて記事を

書いていこうと思いますが

みなさんはデブという言葉を聞くと

どう思いますか?ひどい言い方ですよね。

 

ウィキペディアで調べてみると

デブとは日本語で肥満体型

またはそのような体型の人間を指す

俗語という。と書かれています。

この言葉の意味からも分かるように

印象が残念だったり、厚苦しかったりと

マイナスイメージが強いですよね。

 

たまに太っている人は

包容力もあって好きだという

いわゆるデブ専と言われる方も

いらっしゃると思われますが

そういった考えを持つことは

ごく稀かもしれません。


かつて私自身も肥満体型だったので

デブの日常を過ごしてました。


今回はふくよかだった頃の気持ちを思い出し

ぽっちゃりのメリット・デメリットを

紹介していきたいと思います。

 

メリット

 

①初対面で話しかけやすい

 

まず、初対面での第一印象についてですが

ふくよかな方が優しい感じがします。

身体が大きくふわふわしていて

丸みがあるので性格もそれと同じで

器の大きい優しい人という風に見えるんです。よってどんな人からも

気軽に声をかけてもらいやすいです。

初めて会う人に親しみを持って貰えるのは

交友関係が広がる

チャンスになっていいですよね。

たまにめちゃくちゃ見下してくるような

失礼な人もいますが会話の切り口として

ネタには困りませんでした。

 

 

②いいものをいっぱい食べてる

お金持ち?裕福?

 

こちらはとっても単純!

食べ物を沢山買えるという事は

お金を持っているんじゃないか?と

人に思わせることが出来ます。

私の場合、実際には食に対してのみお

金をかけ他の所で節約していましたが

お金持ちで太っている

なんて人は結構多いです。

 

 

 

③事故に遭っても脂肪が守ってくれて助かる

 

これは私自身も経験したことがあります。

自転車に乗って爆走していたとき

車と接触して身体が跳ね飛ばされました。

普通の人なら大怪我は免れないような

結構、派手な事故だったんです。

ところが、身体を調べてもほんとうに

かすり傷ぐらいで

大きな怪我もなく助かりました。

その時、私は身体に

脂肪がついていて良かったーっ!

と心から思いました。

普段は絶対に思わない

肉に守られている感じがしてその時だけは

この体型にありがとう!!と思ったんです。

偶々、運が良かっただけかも知れないですね。

 

 

④美味しいものがあるお店を知ってそう

 

これも、きっと

あるあるじゃないかなあと思います。

ご飯系の話になると、良いお店知ってる?!

と話を振られます、結構高い確率で。

見た目で判断しないでほしいのですが

大抵聞かれます。かなりポジティブに

考えたら、話の輪に入れて

良いかも知れませんが

なんだか無性に悲しくなってきます。

これは、メリットなんでしょうか!?笑

 

 

⑤食べ放題で元が取れる

 

いよいよ、デブの本領発揮ですね。

痩せている人より、いっぱい食べられます。

焼肉なんかは、全種類食べる勢いです

1人無双状態です。

俺のターン!!

普通の人がお腹いっぱいになれる量と

太っている人のお腹いっぱいの量は

明らかに違いますから。

胃の容量が違うので

本当に楽しく、明るく、元気に

もりもり食べられて最高です!

好きなだけ食べてもお値段は一緒なんですから

やっぱり、この時だけはかなり得した!

という気分です。

 

 


デメリット

 


①自分に甘くて自制心がきかない

 

だらしないというレッテルを貼られる

これはネガティブイメージですね。

やはり、自分の食欲を制御できない

自分を律することが出来ないのを

視覚的に伝えてしまっている状態ですから

自分に甘いという印象を持たれてしまうのも

しょうがないことなのかなと思います。

実際、食欲は

コントロール出来るようにならないと

凄く辛いです。

 


②着たい服が着られない

 

最近の人は、スリムで手足も長い人が多いので

とにかくサイズが小さいです。

この服、可愛い!

と思ってもサイズ展開はS~Lぐらいまでで

それ以降は無い事が多いので

泣く泣く諦めて大きいサイズで

似たようなデザインのものを

探すしかありません。

女性にとっては

着たい服を着られないのは

かなりのストレスです。

 


③食べる量が多くて食費がかかる

 

こちらはメリットの時に軽く触れましたが

普通体型の人と比べて、食べる量が

とにかく多いです。

そのせいで下手をすると

2倍の食費がかかるなんてこともあり得ます。その他のものにかけられるお金が

大幅に減ってしまいます。

それで良いというなら

話は別ですが、人生の選択肢が

減ってしまう気がするので

かなり勿体ないです。

 


④身体が重くて

運動全般出来ないすぐバテる 

 

普通体型の人に比べてとにかく

身体が重たく感じます。

階段を上るともう息が出来ないぐらい

苦しくなります。

走ってみようものなら、すぐに息切れです。

そして、膝にかかる負担が凄いです。

長時間動きまわると身体のいたる所に

支障が出てきます。こうなってしまうと

外に出る事さえ嫌になるので

まさに悪循環ですね。

 


⑤不健康なので

たくさんの病気のリスクが出てくる

 

④に繋がることですが、外に出て

運動するのが嫌になってくると

出不精になって引きこもりがちになります。

その分暇を持て余すので、当然食べることに

時間を費やすことが多くなります。

私も休日など家にいるときは

気付けばお菓子を無意識のうちに

食べているなんて事がよくありましたから

これはもう、デブまっしぐらですね。

こんな日々を繰り返して太っていくと

生活に支障が出てくる訳です。

当然、病気のリスクも高くなりますよね。

健康に暮らせないとなると恐怖しかないです。

 

 

以上、独断と偏見でメリット・デメリットを

並べてみました。

健康で楽しく毎日を過ごすためには

やはり太り過ぎないように

生活を改めていく必要がありますね。

病気になってしまうリスクを避ける為にも

バランスの良い食事を心がけて

過ごしていきたいですね。